toggle
2016-08-20

1/70 忍路丸

【東京都江東区 豊嶋 良和 様】
息子のプレゼント(ボケ防止か!)により取り組み始めたが、直ちにこれは長期戦となると覚悟を決める(あまりの精巧さに)。
まず組み立て説明書に再度目を通し、塗料・ピンバイスを発注、彫刻刀・ピンセット・ヤスリ・接着剤等を準備、さあスタート。削って・曲げて・サイズ合わせ・接着・塗装。
しかし長続きしない。目はかすみ、指先の震えあり、休み休みの組み立てとなる。
徐々に時間をかけ慣れ、作業手順書の3つから5つ先まで目を通し、手順を前後させ自分なりの効率を計かることとする。
着手からかなりの期間を要し、完成が近づいた頃に再度のプレゼントとして展示ケースが届いた。 現在は、我が家のインテリアとして、どっしりと納まりました。

ご投稿ありがとうございます。息子さんからのプレゼントが豊島様の手で、素敵なインテリアになりましたね。息子さんと豊島様の思いがこの忍路丸に溢れている気がします。これからもぜひ、帆船作りを楽しんでくださいね。

関連商品