toggle
2019-06-20

●1/150高知城

大阪府高槻市   鬼追 儀一 様

今回は高知城に挑戦しました。石垣の石積みの要領、屋根瓦と垂木の取付け、本丸と廊下の接続等は、城の大・小の差はあれど大体似たり寄ったりで、難易度も下位で製作が容易かった。当城においては電話で担当者の方の指図を仰ぐ
事もなく、完成に至りました。作品を自賛しております。
【補足した部分】
部品No.2Gのところ、階段の右の部分。実物の城は解らないので、以前の残りの石垣を自分で積んでみました。階段左方と相まって、立体感がアップしたと思っています。
【私見】
①天守西北、矢狭間塀の下部(部品No.4Cの出っ張り)天守台の差し込み穴に接着する際に無いほうがいい。又、左右に動かせるように、差し込み穴より出っ張りを短くすることにより調整が楽になる。
②矢狭間塀の瓦を支える部分(部品7Bの三角形の品)小さすぎて役に立たない。(塀の長さに比して)瓦の接着面積を増すように、角材を添付する。張りつけた角材は7Bの角度にけずるといい。

鬼追様、スムーズに、美しく高知城を完成していただき嬉しく思います。また組立てや部品に関してのご意見を誠にありがとうございます。設計士と検証しまして、改良の参考にさせていただきます。これからも製作を楽しんでいただきながら、気になりました点につきましてはご指摘ください。よろしくお願いいたします。

関連商品