toggle
2019-02-01

ボトルシップ日本丸

【東京都練馬区 江口 康雄 様】

この7月で80歳に到達、体力面からも好きなゴルフはほどほどに、飲酒も健康が大事とワイフから制限をされ、おかげで、残る趣味の「模型作り」に時間・体力・小遣いを集中しております。
御社のカタログでボトルシップを見て、初体験ながら「日本丸」を作成、とりあえず完成しましたが、完成度はイマイチ、特にロープがかなり弛み、ボトル内での組み立ての難しさを実感しました。そこで、シルバー人材センターが主催する「ボトルシップ制作講座」で、今年の初めから修業中、現在4作目を作成中ですが、なかなか根気のいる作業ですが、使用するボトルは各種取り揃えました。なにしろ、中身を飲む楽しみが有るので。
数年前に、御社の「飛鳥Ⅱ」を作り、「ウッディジョー通信第8号」に掲載していただきましたが、ワイフ共々船旅は全くダメ、今はやりの豪華客船の旅などは無縁、しかし、この制作を期に実物を見たくなり、船体見学会の企画の際に横浜港に停泊している「飛鳥Ⅱ」に乗船、見学してきました。苦心して作成した模型の実物を見るのはとても興味深いです。
今後の企画として「新国立競技場」(全幅50センチ位で現在位置未定の聖火台付き)は如何でしょうか?これからも、いろいろとも木造模型を企画され、我々模型ファンを楽しませてください。

江口様、ボトルシップと奥様とのお写真をありがとうございます。講座に参加されたり、飛鳥Ⅱの見学に行かれたりと活動的で、そのせいかとても若々しく、綺麗な奥様とのツーショットも素敵ですね。新国立競技場のキット化もおもしろいと思います。2020年の東京オリンピックを、模型ファンも皆で盛り上げていきたいですね。

関連商品