toggle
2018-08-23

1/150松本城 ・1/150江戸城

【岐阜県関ケ原町 高木 幹夫 様】

高石垣台の作成を終了し、ようやく「松本城」を完成しました。松本城は、思ったよりも小さく感じられます。これまで、名古屋城、彦根城(1/80)、大阪城、江戸城、姫路城、熊本城を作成してきましたので、松本城は特に小さくかんじるのかもしれません。例により、室内で、松本城を第一のビューポイント(南西側)から見た写真(1)、第二のビューポイント(北東側)から見た写真(2)、以前に作成した江戸城天守閣を高石垣台に載置して、その周囲の環境を整備した正面から見た写真(3)を同封します。ご笑覧あれ。
私は、松本城天守閣群の作成には満足しています。しかし、月見櫓をよくご覧になれば明らかに異なることが分かると思います。実際は、月見櫓の屋根は寄棟作りでありますが、これを、破風作りにしています。これは私のうっかりミスで、辰巳櫓と並行してこれと同様に作成したためです。
当該松本城の課題は特に、第一のビューポイントの作成にあります。松本城の盤台は内堀の水に浮かんだ状態を呈していて、松本城の全体が水面に鮮やかに映っているからです。この状態を達成するには、内堀を拡張して天守閣全体を、拡張された水面に映るようにすればよく、これから作成しようと思っています。

石垣と情景が天守を美しく引き立てていますね。松本城は1/150スケールのお城の模型を見比べて意外と小さいことに驚かれるお客様が多いようです。様々に工夫されて、模型作りの愉しさがますます広がっていますね!

関連商品