toggle
2018-05-24

1/75興福寺五重の塔

【島根県出雲市    藤井 雄康 様】

応募4回目です。今回は「興福寺の五重の塔」です。
この塔は縮尺1/75です。かなり大きな塔です。したがって、かなり細かい部分まで再現されるものです。かなり面倒くさい作業が多いものです。
その1。各階の装飾部分。巻斗とか大斗と呼ばれるもの。一面に小6、中33、大3計42個。四面で168個。5階で840個。面取りをしたりと大作業でした。
その2。屋根の裏側の装飾。斗椋とか秤肘木と呼ばれるもの。斗椋A80個、斗椋B20個、秤肘木A20個、秤肘木B20個です。
屋根裏の写真でその複雑さが理解できると思います。奈良の興福寺ですので、鹿のおも
ちゃ(完成品を購入)を置いていおります。

藤井様、お便りありがとうございます。興福寺の組立は特に加工も多く大変だったと思います。当社の建築模型のなかでも特に加工作業が多いのですが、完成品の迫力が違いますね。

関連商品