toggle
2017-05-31

1/150松江城 1/150鶴ヶ城 1/150姫路城  1/72菱垣廻船 1/24屋形船

【島根県出雲市   藤井 雄康 様】 「城」を3つ作りました。松江城が国宝に指定されたのを契機に第一作品。松江城は「黒と白」が目立つ城です。2作目は「赤瓦」の鶴ヶ城。3作目は「白」の目立つ姫路城としました。4作目には、屋根の「緑青」に特色のある名古屋城を考えております。「色」で選択しております。
松江城と鶴ヶ城は天守閣のみでしたが、姫路城は大天守の外に小天守・櫓・台所等複雑なキットです。こんな複雑な構造をキット化された方の知識・技術力に感服しております。3作品とも私には正確に完成できる技術がありませんので、1m以上離れて見ていただきたいものです。
船の関係では「菱垣廻船」と「屋形船」です。屋形船は障子が左右に動かせるといった作品で、満足できる状態です。菱垣廻船は船体の板張りが困難で、近くからは見られません。

お城の色を選択の理由としているのがおもしろいですね。城の個性は色の違いも大きな要素ですね。
ちなみに鶴ヶ城の赤瓦は、寒さに強い瓦として、会津本郷焼の職人が釉薬に酸化鉄(弁柄)を用
いたため赤みを帯びており当時は東北地方のお城で広く採用されたそうです。寒さの厳しい地方なら
ではの色なのですね。船はまず船体づくりが大変ですが、作業に慣れることでコツがつかめてくると
思います。これからもいろんな作品にチャレンジしてみてくださいね。ご投稿お待ちしております。

関連商品