toggle
2020-11-26

ボトルシップサンタマリア・カタロニア・ミニヨット ハーフタイプ雷門

東京都練馬区 江口 康雄 様

 感染症の大流行で「外出自粛」中でも模型作りは家の中で楽しめる最適、最高の趣味ですね。この時期、模型作りに励み、狭い我が家では置く場所に困っている始末。嬉しい?悲鳴です。
 1年間習ったボトルシップ作りで数点と、めったに作らない建造物模型を久し振りに作ってみました。
【ボトルシップ】・中型のヨットでボトルは電球型の容器で口金が取り外せるようになっていてそこから挿入、通常の瓶とは異なった趣があります。
・サンタマリアは残念ながら帆の曲線が出ませんでした。
・カタロニア船は船体が5分割されており、その船体と船首、望楼を瓶の中で組み立てるのにやや苦戦しました。

建造物は大きさの手ごろなハーフタイプ「雷門」提灯を点灯するとかなりの本物感が出ます。電源は飾り台を少し高くし単4電池の電池ボックスをその中に設置し、スイッチも押しボタン式のものを台に付け(写真の右下奥、白い丸いのがボタン)。スッキリさせました。これからお城や帆船模型を作成したいと思っていますが、かなり大型のものが多く、置く場所で躊躇しています。もう少し小型だと良いですが。

電球型のボトルにヨットが入った姿、サイズも形もぴったりですね。ハーフタイプ雷門は電気も点きますし、木製部品に加えて金属の風神雷神が入っており、小さくても中身の詰まった完成度の高いモデルです。工夫をこらして、より良い作品にしてくださってありがとうございます。お城も小ぶりなものがありますので作ってみてくださいね。

関連商品