toggle
2020-01-14

●1/150松江城 ●1/150清水寺 ●1/150犬山城 ●1/150知恩院三門

【千葉県大網白里市   阿部 孝春 様】

 《松江城》石垣についていくつか工夫をしてみました。野面積みも良いのですが、やや安定感に欠けるので、戦国後期の城のように、多少、整然と積んでみました。また、石垣の表面に出る辺を面取りして貼り付けました。この方が多少、立体感が出るようです。

《犬山城》改良前のものを作製しました。土台の発泡スチロールは、実際とは違うし、建物だけをくっきり見せようと省略しました。塗料は、白壁には水彩絵の具の白を、屋根は、アトムオールマイティネオのライトグレーを使いました。この塗料は、水性ですが、乾くと水で落ちなくなるので、塗装・乾燥後、温水に漬けて曲げました。

《清水寺》屋根材が逆向きに反っているため、接着がはがれやすいので、帆船用の釘で止めてから、パウダーを着けました。舞台下の柱を支える段の正面は、一部にしか石垣材がないので、なんとなくバランスが悪いと感じたので、全面に石垣材を貼り付けました。そのほうが、柱がくっきりするような気がします。

《知恩院三門》建物自体が、すっくとりりしく立っている情景を表すよう、ジオラマはしませんでした。そうなると、大階段横のスロープはいらなくなるので、外して石垣を貼り付けました。石垣材は、以前に試作品として送られてきたものを使用しました。その節は、ありがとうございました。

阿部様、たくさんの建築模型が大変美しく完成されましたね。それぞれの建築の良さが引き立つように工夫されおり、写真についても一番美しく見える角度で撮影されているように感じました。これからもご紹介をお願いします。

関連商品